AlterGとは

AlterGとは、空気圧を利用して自重を免荷した状態でトレーニングができるトレッドミルです。自然な歩行や走行の状態を維持しながら免荷できるので、様々なリハビリテーションやトレーニングに活用できます。
体重を免荷した状態でトレッドミルトレーニングを行うことから、AlterGのトレーニングは BWSTT(Body Weight Supported Treadmill Training)の一種であるといえます。

下肢への負担を軽減し積極的なリハビリテーションを可能に!

AlterGの作動原理

AlterGの作動原理

DAPテクノロジー Differential Air Pressure

エアブロワーからバッグ内に空気を注入し、膨らんだバッグ内の圧力により、身体を持ち上げる力を生み出しています。この圧力は大気圧より高く、均等に広がっているため、使用者の下半身にかける負担はわずかに抑えられます。

圧力調整システム

正確な体重調整を可能にする高度圧力調整システムを採用。トレーニング中の身体の揺れによってバッグの形状と空気の容量が変化しますが、圧力調整システムがバッグ内の圧力を速やかに変えることでトレーニング中の体重を一定に保つことができます。

体重免荷方法の比較

 
Alter G
ハーネスシステム
プールシステム
利用用途
  • ・ランニングトレーニング
  • ・転倒予防トレーニング
  • ・神経系のトレーニング
  • ・減量用のプログラム
  • ・高齢者向けトレーニング
  • ・運動療法
  • ・神経系のトレーニング
  • ・治療向けの運動
  • ・歩行トレーニング
  • ・神経系のトレーニング
  • ・高齢者向けトレーニング
  • ・運動療法
必要な介助者 0名か1名 1名 1名から2名
体重免荷の範囲 1%刻みで20~100% 60~100% 20~50%(水量調整)
歩行動作

通常の歩行動作

通常の固有受容の働き

腰周囲以外は自由稼動

上半身を持ち上げるので重心が前か後ろに行く

上半身は不自由である

歩行動作とバランスが通常と異なる

水圧が通常の歩行時にはない抵抗を与える

全身に水の抵抗

走る事は難しい

準備 スパッツ装着(約30秒) 身体の各所にベルト装着 水着着用・水温調整

AlterGの特長

トレッドミルと免荷、それぞれの比較

トレッドミル

有酸素運動 筋力増強トレーニング 自然な歩行/走行姿勢 痛みの軽減 下肢への負荷軽減
対象怪我の無い人

免荷

有酸素運動 筋力増強トレーニング 自然な歩行/走行姿勢 痛みの軽減 下肢への負荷軽減
対象術後早期患者、虚弱高齢者

AlterGは
トレッドミルと免荷の特長を併せ持つ

有酸素運動 筋力増強トレーニング 自然な歩行/走行姿勢 痛みを抑える 下肢への負荷軽減 転倒リスクが低い
対象術後早期患者、虚弱高齢者

トレッドミルに免荷機能を追加したことにより、下肢への負荷を軽減した状態でトレーニングが可能です。
術後超早期の方や、虚弱高齢者等、通常の負荷をかけた状態でのトレーニングが難しい方でも、 免荷することでトレーニングが可能になります。

安全性に配慮した設計

腰と本体を一体化させるため、通常の歩行とは違い転倒リスクを抑えたトレーニングが可能です。
自立困難な虚弱高齢者や片麻痺の方なども比較的安全にトレーニングができます。
水に触れず空気圧で免荷するため、感染症のリスクを低減しています。また、術後早期からのトレーニングが可能です。

痛みを軽減したトレーニング

一人ひとりの状況に合わせて正確に免荷ができるため、痛みの少ない状態で歩行/走行トレーニングが可能です。 患部をかばうことなく自然な歩行/走行感覚を早期に取り戻せる。 長く、早く歩けるようになる。 術後早期からのトレーニングが可能。 痛みを軽減したトレーニングは利用者のモチベーションアップにつながる。 筋力が少ない人でも免荷することで歩けるようになる。 トレーニングを続けることで筋力アップし全荷重状態でも歩けるようになる。

有酸素運動

上半身が自由に動かせるため、全身を使った有酸素運動としてのトレーニングが可能です。 全荷重状態では疼痛により歩行/走行が困難な方も、免荷することで有酸素運動に取り組みやすくなります。

※心臓リハビリテーションやダイエット、運動器疾患の保存療法にも活用できます。 

自然な歩行様式

過度な圧迫や負荷が発生しない 空気圧を利用した免荷なので局所に負荷が集中することはありません。
通常歩行に限りなく近い歩行様式でトレーニングが可能です。

想定される利用者利用シーン

運動器 変形性関節症、術後(ACL、TKA、アキレス腱、下肢骨折、自家培養軟骨移植術)、足関節捻挫、足底筋膜炎、サルコペニア予防、肥満(ダイエット)、腰痛(腰椎分離症、脊柱菅狭窄症、椎間板ヘルニア等)などのリハビリテーション
神経系 脳卒中後遺症(片麻痺)、パーキンソン病 などのリハビリテーション
循環器系 心臓リハビリテーション(心臓・腎臓疾患) など

基本的な使い方

AlterGの使い方は非常に簡単です。専用ショーツを履いて本体に乗り込むだけでOK。面倒な着替えや事前準備は不要です。

1

電源を入れ、専用ショーツを履く

2

本体に乗り込む

3

コックピットの高さを調節する

4

専用ショーツを本体に固定する

5

安全ストラップを装着し、キャリブレーションを行う

6

トレーニングを開始する

転倒などのリスクを抑えた設計

ショーツが本体と一体化しているためバランスを崩しても身体を支えます。
バーを握って歩くことでより安定したトレーニングができます。
万一転倒した際はストラップが外れることで緊急停止します。

技術仕様

本体の寸法 長さ2134mm×幅965mm×高さ1880mm
必要設置スペース寸法(推奨) 長さ3660mm×幅2440mm×高さ2440mm
本体の質量 約342.2kg
定格入力 電源入力:AC 200~240V 20A 50~60Hz
NEMA6-20レセプタクル 
適用サイズ ヒップ幅:47cm以下 ヒップ周径:127cm以下
大腿部周径:33.0~61.0cm
体重調整機能 使用者の体重の20%〜100%
トレッドミルスピード 通常 : 時速0~19.2km
逆走 : 時速0~4.8km
トレッドミル傾斜角度 0~15%
※本体の保証期間は、ご購入日より1年間です。保証の詳細については、附属の保証書兼安全事項説明記録をご参照ください。
※製品の品質については万全を期しておりますが、万一不良等、お気づきの点がございましたら、当社営業所また営業担当までご連絡ください。